様々な結婚式

ウエディングのスタイルにもいろいろあります

ウエディングのスタイルに関しては、一昔前であれば、三三九度の杯を交わし、玉串奉奠を行うことによって、日本古来の神々の前で結婚を誓う神前結婚式の割合が非常に高かったのですが、最近では、ウエディングドレスのロマンティックな雰囲気に憧れる女性が多いせいか、キリスト教式で結婚式を挙げる男女の方が多数派のようです。 また、この二つのスタイル以外にも、先祖の霊に二人が出会えたことを感謝し、結婚を報告する仏前結婚式や、特別な信仰があるわけではないので宗教色を抑えたいという人々が、結婚の誓いを神や仏に対してではなく、家族や親せきなどの親しい人たちの前で行う形式の人前結婚式など、これまであまりなかったようなスタイルの結婚式を挙げる人々も増えてきています。

ウエディングの新しいスタイル「人前結婚式」

キリスト教式結婚式や神前結婚式、仏前結婚式のような伝統的なスタイルのウエディングスタイルではなく、宗教にとらわれない自由なスタイルである人前結婚式を選ぶ人々が増えてきています。 立会人の前で二人が婚姻届にサインをし、指輪を交換するというヨーロッパに古くからある「シビル・ウエディング(市民結婚式)」という挙式スタイルが起源であるといわれている人前結婚式ですが、特に決まった式次第などがないため、自分たちの独自のアイデアを生かすことができ、個性豊かな式を実現させることができるため、「古くからのしきたりにとらわれたくない」という思いを抱いている若い人々を中心に今後もますます多くの人々に選ばれる挙式スタイルとなっていくでしょう。